FF5画面を見ずに低レベルボス撃破

企画自体は21日でしたが、ここ数日修羅場ってたので遅れました。
結果は無事全滅数0(余興でのリセットは除く)で済みました。
五月祭のRTAの時と違い、説明に時間を割けるのが良かったのかも。
RTAだとプレイ中に解説しづらいのが見世物として微妙って思っていたので今回のように解説時間を確保できたのがプレイヤー的に良かったです。

プレイの結果

セイレーン
1st:ヘイスト→ケアル→スリプル
2nd:サイレス不発→ケアル→スリプル
1戦目は惜しかった。ケアルとブリザドが逆なら最凶パターンなので。
一転、2戦目はヌルすぎ。
セイレーンは行動によって強さが大きく変わるのでできればツンパターンを引きたかった。

リクイドフレイム
カウンターでの形態変化封じを使わないことにしたので強敵になってます。
(人→)(氷のロッド)→手→(氷のロッド+ゴブリンパンチ)→人 という風に形態変化
その後物理攻撃の音を聞いて氷のロッドで撃破。
ほのおとファイラのSEが同じなので人型がほのおを使い続けると心臓に悪いけど1回目で攻撃してくれて助かった。

サンドウォーム
ソルカノン戦後のデータでガルラ狩り後にシーフ+魔獣使いマスターが必要っぽいことに気づいた。狩りを先延ばしにした報いですね。言うて全滅するのは低確率なので、実演時には全滅しませんでしたが。

アトモス・メリュジーヌ・カロフィステリ
安定後にコマンドミス。マジ心臓に悪い。ここらへんは録画したのを見ながらまとめて冬コミで。

エクスデス+ネオエクスデス
すばやさのうたの時間が足りずに右上に動かれてしまった。危ない危ない…で済むミスじゃないんですよね、実は。ひどいミスだった

余興のネオエクスデス
前日にエクスデス戦をやっていて「これはひどい」と思ったので、一晩で戦術を練って朝+企画時間内でデータ作成し挑もうとするも、手順が複雑すぎて見ながらやることに。
当日の思いつきで行動すると怪我をするというのは五月祭のフカップル戦で学んだはずなのにまるで成長していない
ここも詳しいことは冬コミで
12:6追記:↑書かないかも。画面を見ないという趣旨から外れすぎてしまっているので


ここから裏話

この縛りのきっかけはかたショさんの「ロマサガ3ノーセーブノーダメージノールック+α」でした。
そこから様々な妥協を経てこの形になりました。ノールッククリアをされた4名の先人がいかに変態かよくわかりました。ずっと画面を見ないとか一般人には精神的に絶対無理です。マジで。

画面を見ない+勝率100%+目の前で実演というのはかなりシナジってます。

画面を見ない+勝率100%
画面を見ないという制限下でも、勝率が低くていいのなら例えば、
セイレーンがサイレス→ライブラ→プロテスの順に動くとして戦術を立て、それ以外だったらリセット
というように「画面を見ない」ことの意味が薄れてしまいます。
勝率100%にこだわることでゴリ押しが増え、その結果「画面を見ない」ことの意味が薄れてるというのは一理ありますが。

画面を見ない+目の前で実演
目の前でテレビの後ろからプレイしているのを見るというのは印象的だと思いますし、
何よりも「目の前で」というところに大きな価値が生じていると考えられます。

勝率100%+目の前で実演
これは企画側の都合ですが、所要時間が安定しているというのは企画を立てる上で重要ですし、
見ている側も全滅を何回も繰り返すのを見なくて済むというのがあります。(全滅と言っても見てて面白い全滅もありますが)

今後も「目の前で」というのが生きるようなことをやっていきたいですが、その筆頭はアクション系のRTAなんですよね…。
私はGODHANDのHARDを制限なしですら攻略できてない程度の実力なのでこいつは無理そうです。
もう一つ頭の中に案があることはあるのですが、こいつは準備が大変で、実プレイ時に恐ろしく疲れそうなので手を付けるのが怖いです。
他に何も思いつかなければ来年の五月祭か駒場祭でやるのかもしれませんが。
スポンサーサイト

テーマ : FF5
ジャンル : ゲーム

プロフィール

やおや

Author:やおや
苦痛の存在しない、平静な心の生活

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR