ドミニオンカード評価 陰謀

ドミニオンカード評価 陰謀

総評:アタックカードがゲスい。

2コス
中庭
+3ドローのように見えるが、1枚戻さなければならないため実質+2ドロー。
リアクション効果のない堀。存在意義を見いだせないので、対戦の時は別の王国カードを使用することを推奨する。

手先
初期デッキの金量期待値は0.7金なので、+購入≧+銅貨購入=デッキ強化である。
たった2コストで+購入効果を得られる強カード。

秘密の部屋
通常効果もリアクション効果も微妙。
詐欺師や騎士などのごく一部のアタックに対してピンポイントで使える。


3コス
詐欺師
荒らし。1人で撃つとアタック効果を抜けた人に勝てず、2人以上だと自分も被害をこうむるためデッキ強化してた人に勝てない。
理不尽な運要素が強く、勝ちに結びつかない荒らしカードなので、サプライから除くことを強く推奨する。

仮面舞踏会
屋敷を廃棄できる分ちょっと強い+2ドローだが、屋敷の3点差に泣くことが多くなる。ヤンナルネ。

大広間
デッキの邪魔をしない1点。買う手数がもったいない。

貧民街
+2アクションと+2ドローが両立することが少なくて使うと残念な印象。

執事
屋敷2廃棄から+2ドローor+2金で使えばそれなりの仕事はするが、やはり廃棄カードはアンチ呪いの感が否めない。

願いの井戸
当てる確率を高めるには初期デッキに7枚ある銅貨でデッキを固めるのが良いが、それだと銀貨で良いので、トップ操作系とのコンボ重点なカード。


4コス
男爵
+購入効果は優秀だが、初期デッキに3枚しかない屋敷と同時に手札に来ないと金が出ないのが不安定。


2購入以上する場合にややお得な木こり。
とはいえ追加の購入が銅貨の場合は木こりと変わらない。

鉄工所
ドミニオンのカードのパワは5コス以上>>4コス以下の傾向にあるので弱い。
オマケ効果のおかげでかろうじて救われているか。

鉱山の村
自信を廃棄して+2金にもできる村。

共謀者
追加効果のためには2枚のアクションカードを並べる必要があり、アクション濃度と前に並べる2枚を買う手数が厳しい。ロマン。

偵察員
大広間、ハーレム、貴族がいればそこそこ働くかもね。
異郷にほぼ上位互換の2コスの岐路ってカードがあるから、その子をよろしくね。

銅細工師
初期の段階で+3金を期待でき、ドロー強化に応じて更なる強化が見込める強カード。
ただし+購入がないとオーバーキルになりがちなので、サポートが欲しいところ。


5コス
公爵
属州(植民地)を買うことが目標であるこのゲームにおいて、初期0点というのはあまりにも重い。
公領を独占すれば強そうだが、公領は属州狙いのプレイヤーにも買われてしまうので公爵の点はさほど伸びない。

交易場
銀貨を供給することで金量を増やすため、廃棄カードの中では珍しく呪いのない場でも戦えるカード。
中盤以降自身が邪魔になるのは廃棄カードのサガか。

改良
屋敷を3回銀貨にできるのが強いが、廃棄カードの運命からは逃れられないため、以降は自身が邪魔になってしまう。ヤンナルネ。

貢物
下家のキーカードを流して計画を破綻させ、自身は望む効果が得られない荒らしカード。
被害の対象は下家一人だが、その分よりタチが悪いかもしれない。

拷問人
捨て札にすることを選択できるためアタックとしての継戦能力を高めた呪い撒き。
拷問人コンボを完成される前に属州を削られると弱い。早さは力です。

寵臣
デッキ1巡に1回使えるはずのカードが流され続けることで他人の計画を破綻させる荒らしカード。
平和なゲームを望むならサプライから除くことを推奨する。

破壊工作員
ドミニオンの中でも珍しい純粋に攻撃するカード。自身の利益が無いため使っても勝てず、荒らすだけのカード。
平和なゲームを望むならサプライから除くことを強く推奨する。陰謀こんなカードばっかだな。


6コス
ハーレム
金貨と公領との相互互換。適当なタイミングで買おう。

貴族
+2アクションはいかにも弱いので、使うなら+2VPのついた鍛冶屋として。適当なタイミングで買おう。



ランク:
S:
A:手先、銅細工師
B:橋
C:
D:秘密の部屋、大広間、貧民街、願いの井戸、男爵、鉱山の村、偵察員、拷問人、ハーレム、貴族
E:中庭、仮面舞踏会、執事、鉄工所、共謀者、公爵、交易場、改良、貢物
F:詐欺師、寵臣、破壊工作員


陰謀は荒らしカードが多すぎてまともなカードが少ないなぁ。
最初の拡張がこれでプレイヤーが離れないのはよく訓練されてる証拠だよなぁ。

評価担当:会計所
スポンサーサイト
プロフィール

やおや

Author:やおや
苦痛の存在しない、平静な心の生活

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR