FC2ブログ

東方農耕録第二話感想





感想
まんじゅうかわいい

if
分岐点
①1R1巡目1番手
アリスがカヌー重点で職業スタートしていたら
②1R1巡目3番手
フランが葦1→葦1→木3→葦1→葦1→葦の家という脳筋葦家ルートをとってたら
③3R1巡目2番手
パチュリーが木4→港湾ルートを選んでたら


意図:カヌーを出したい
・カヌーの強さ
 ・3人戦は葦1(+α)を3人で分け合う形になる。必然的に葦は辛くなるので回避手段が強くなる。
 ・序盤に使えば乳母の起動飯を出してくれる。
その他の要因
・2枚目の職業なら高い方で出してもいいよね→職業2枚目(小売人or乳母)がさらに出やすくなる

1ステの展開(1例)
アリスパチュリーフラン
小売人木3葦1
乳母木2葦1
2R木3レン2葦1
SPカヌー港湾葦1
3R木4木3
レン3SP木挽き台日雇い
4R2かまSP葦の家
日雇い茶番
石1
手持ち飯2木1レン3葦2石1飯1木7木2


主張点
アリス:カヌーをプレイしている。レン暖→斧→増築の流れが見える。
パチュリー:ジンギスカンマウント。木4or葦2で増築レディ。
フラン:すでに3手。こっから茶番で食える。

ここまで考えて全てのifを同時に反映させたらダメなことに気づいた

1ステの展開(2例)
アリスパチュリーフラン
小売人木3畑番
木2SP石ばさみ
2R葦2レン2
乳母木3レン2
SPカヌー
3R木4てき屋
木3日雇い
4R葦2増築4調
共同体長種パン
手持ち飯3木3葦4麦1飯1木8麦1飯2麦1(+野菜1麦2)
主張点
アリス:カヌーをプレイしている。レン3レン暖→石1斧→増築が見える。
パチュリー:増築済み。大量の木を確保している(港湾労働者で分解も視野)
フラン:小麦植え+ジンギスカンで飯が余裕。


意図:とにかく葦の家
・3人戦だと増員のアクションが7Rからになりかねないため1Sあたりから3手動ける葦の家が強い。
・執拗に葦1を取ることで他家の増築が遅れるので手数差が加速する。

1ステの展開(3例)
アリスパチュリーフラン
木3共同体長葦1
木2日雇い葦1
2R小売人レン2木3
日雇いレン2SP木の宝石箱
3R葦2
乳母木4SP葦の家
木3日雇い
4R茶番
SPカヌー2かま日雇い
木3
手持ち飯4木3葦2飯1木14レン2飯1木1麦1
主張点
アリス:レン3レン暖石1斧からの多軒増築が見える
パチュリー:ジンギスカンマウント。葦2or港湾からの増築が見える
フラン:葦の家で既に3手。茶番が出て飯基盤形成が近い。


意図:本棚の職業条件を満たしつつ葦を作る
・パチュリーの目的である石の家3軒には葦4が必要。4Rに葦2をとれたとしても6Rの葦2はフランが死ぬ気で取りに行きそうなので取れなさそう。取れるかどうかわからない8Rの葦2を待つのは弱い。
・3人戦は葦が高いので葦を作れるのは良い。
・木を大量にとることで他人の増築を遅らせられる

1ステの展開(4例)
アリスパチュリーフラン
木3共同体長木2
SP馬鍬日雇い石1
2R葦2木3茶番
石1レン2てき屋
3Rレン3木4
小売人SP木挽き台麦1
4R2かま木6
葦2港湾SP木の暖炉
日雇い
手持ち木1レン3葦4石1麦1木9麦1飯5木3野菜1

主張点
アリス:葦を確保している。レン暖→乳母斧→増築が見える
パチュリー:ジンギスカンマウント。港湾で増築が近い
フラン:茶番てきやが出ている。木3→柴結びで増築も近い。

①の変化(2例)は、漁をアリスに、かまどをフランに制圧されたパチュリーが2ステ食えるかが分岐点。食えるなら石家3軒が近いパチュリーが有利、食えないなら斧までの流れが見えるアリスが有利。パチュリーが2ステ食うのは結構厳しい。

②の変化(3例)は、飯も増員も改築も明るいパチュリー、レン3レン暖石1斧漁2軒増築で7R4人が見えるアリス、美味しい資材取りつつ調理場取って飯基盤作れるフランとそれぞれの主張が拮抗してる感じ。全員インフレ方向に向かってるのでこの変化が全員一番伸びそう。

③の変化(4例)は、乳母起動には飯が不足気味なアリス、飯基盤が木の暖炉では心配なフランに比べてジンギスカンと6or7R増員が見えるパチュリーが有利。

いろんな変化があって難しいと思いました(小並感)。
葦1狩りなんて不毛なことが行われてる②の変化が一番伸びそうとかどういうことなの…(任意資材から葦1を取ってるのでその分伸びてると思われる)
スポンサーサイト



テーマ : ボードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やおや

Author:やおや
苦痛の存在しない、平静な心の生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム