FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミニオンカード評価 基本

ドミニオンカード評価 基本(評価担当:会計所)

総評:最初のセットだけあり、基本的な効果のカードが多い。パワーは弱めな一方、ギミックの要となるカードも散在する。

2コス
堀:アタックカードの被害を防げる。灯台の方が強い。
礼拝堂:初期の銅貨を廃棄するのはデッキを弱くするだけであり、屋敷を廃棄するのに礼拝堂自身というゴミをデッキに入れるのは割に合わない
地下貯蔵庫:4枚捨てれば4ドロー、しかも+1アクションつき。ドロー枚数を調整できるので、リシャッフルタイミングを調整できる。基本セットに限れば、控えめに言って神。

3コス
宰相:理論上最速。王道。
村:アクションが増える。エンドアクションを使った後にさらにアクションを使えるようになるのは心強いが、それを行うためにはアクションカードが3枚必要なのが厳しい。
工房:ドミニオンのカードのパワは5コス以上>>4コス以下の傾向にあるので弱い。
木こり:購入権が増える。銅貨は0コスで1金、一方初期デッキは期待値0.7金なので+buy>=+銅貨購入権=デッキ強化。銀貨の上位互換。

4コス
改築:屋敷を4コスト以下のカードに変えるのがメインなので、他の4コスト帯のカード次第。
金貸し:+3金のように見えて、+1金になるはずの銅貨を廃棄してるので、実質+2金でアクションを使う銀貨。さらに銅貨を廃棄してデッキを弱化させてしまう。控えめに言ってゴミ。
鍛冶屋:+3ドローだが、自身が1枚であるため、手札は2枚しか増えない。所詮は4コストということよ。
役人:地味なアタックと地味なデッキ強化。獲得するのが銀貨といかにも地味でパワー不足アトモスフィアを漂わせる。
民兵:デッキ2巡目の5金到達率を大幅に下げるカード。民兵をけしかけてライバル達と差をつけちゃおう☆
祝宴:4コストのカードでありながら非常に強力な5コスト帯に変換が出来る非常に優秀なカード。序盤のエース。
泥棒:相手のデッキから財宝カードを削り、しかも自分のデッキに加えられる恐ろしいカード。前述のように+銅貨=デッキ強化なので、盗めば盗むほど強い。
玉座の間:そう簡単にアクションカードと同時に来ると思うなよ。
庭園:属州のサブウェポン。たまにシナジーでゲームを壊す。
密偵:自身はキャントリップでアタック効果も微妙。基本の空気担当。

5コス
研究所:5コストの癖に研究所+研究所=村+鍛冶屋となる弱カード。余談だが、研究所+研究所=村+鍛冶屋⇔5+5=4+3⇔10=7⇔3=0⇔3/3=0/3⇔1=0である。
市場:+購入は正義だが、5金で買うほどのパワがない。
祝祭:+購入は正義であり、市場よりは強い。それなりの強さ。
鉱山:後のインフレについていけなかった可哀そうな子。
議事堂:相手に+1ドローさせてしまう屑カード。控えめに言って屑。
書庫:鍛冶屋。
魔女:呪いでデッキを膨らませてデッキの成長を阻害する恐ろしいカード。+購入で銅貨を買い足していくことで、デッキの強化と呪い密度の減少=アタックの軽減を両立させるのが対策。

6コス
冒険者:うわっ…私のドロー枚数、少なすぎ…?


ランク
SS:祝宴
S:地下貯蔵庫
A:木こり、泥棒、庭園
B:祝祭
C:堀、宰相、民兵、市場、魔女
D:村、工房、改築、鍛冶屋、役人、玉座の間、研究所、書庫、冒険者
E:礼拝堂、金貸し、密偵、議事堂、鉱山


全体的にカード評価が低いのはやはり初代ゆえのパワー不足か……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やおや

Author:やおや
苦痛の存在しない、平静な心の生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。