FC2ブログ

バリストラ

忘れたころに世界樹ⅢのRTA。
いや、実際細かいこと忘れてて困る。主に雑魚戦回り。

で、やるからには戦略を変更したいので新戦略案。最低撃破数クリア時の構想を試してみた。
①ナルメル撃破レベルを77776→66665にする
②アタッカーをバリスタ→ゾディアックにする

①はちと厳しそう。ウィップリッパー2耐えのために体力の腕輪が必要になってくるし、ロイヤルベールの回復量-6がきつい。
それにクエストの経験値が大きいので道中警戒行進で出てきた敵を倒す程度でLv7に到達する。つまりLv6に抑えるメリットが小さい。

というわけで本題の②
メリット
・装備を調達しやすい
バリスタ→ゾディアックとなると、装備が
アトラアトラ×2+サマーツイード×2+シュロのサンダル×2+体力の腕輪=2000en+アナコンダ条件ドロップ

知恵の書×2+知恵のピアス×6=1300en
になる。トルトゥーガ島に行って1100enなのでそれなりの短縮。
アナコンダと戦わなくて済むのも大きいです。一撃15程度で280近く削ってたので。(しかも火術の起動符でのトドメを意識しながら)
・ナルメル戦を短縮できる
星術は一発80程度なのでバリスタの倍くらい。クロススラッシュは使えなくなるけどそれを補って余りある効果。クロススラッシュが使えないので代わりに守護陣形を使う?(前列プリがウィップリッパー2耐えになるくらいなのでそこまでメリットを感じない)

デメリット
・雑魚戦の回数が限られる
限られた回数でも経験値は足りるはず。
問題は蛙のホホ皮が入らなくて解剖用水溶液を取りに行く展開になりそうということ。
・ナルメル戦の間にテントを使う必要がある
ここでエンカウントすると結構ロスりそう

総合してアナコンダ一戦分の時間が大きくて速くなる…と見たけど実際やってみたらナルメル撃破が56:27。
腕が落ちただけかもしれないのでとりあえずもう一回やる必要がありそう
スポンサーサイト



テーマ : 世界樹の迷宮III
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。

ナルメル戦でゾディ投入ですかー。
僕も一案としては考えていたんですが、結局やらないまま終わってしまいました。
どこまで洗練できるのか楽しみにしております。

あと、今更ながら第1階層での立ち回りが僕のと結構違っていて新鮮さを感じました。
やおやさんの戦術だとアナコンダと戦う必要があるというのは知っていたんですが、解剖用水溶液はコイツには使わないんですねぇ。
正直HPの高いアナコンダとの戦い方が気になっていたのでw
リピーターボウを取ることにすると「タイタンアルムの腐花のツタが3個必要」・「イビルフィッシュの頑丈な歯が必要」というのがネックになりますが、アトラアトラだと「アナコンダの鋭い牙」ですねぇ。
このあたりはサンダーバラージの有無によって変わってくるんだろうと思いますが、戦略の違いを感じることができてうれしかったです。
あ、因みにどちらも同じくらい早いだろうと思ってます。

No title

お久しぶりです。

ゾディinの問題は何と言ってもEXPですね。
ドロップ次第では解剖用水溶液持って夜のB2Fに潜って狩りとかになりそう、というか一度なりましたw
戦闘数稼げない分ドロップが無いと大きなロスになるというのが課題になりそうです
その分ドロップがちゃんと来てくれる前提なら速い気はします

解剖用水溶液は確かとりに行く前にエンカウントすることが多かったので結局使わないって感じでした。
リピーターボウは凶魚の宴に耐えることをハナから諦めてたので良くイビルフィッシュ+かみつき魚×4に勝てるなぁって思ってました。サンダーバラージが頭になかったのもありましたし。
プロフィール

やおや

Author:やおや
苦痛の存在しない、平静な心の生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム